【子宮筋腫】絶妙なバランスの中で育まれていた筋腫

子宮筋腫治療ログ

通院クリニック決定

午前中、新しいクリニックで受診してきました。
超音波モニターを見ながら、筋腫がどこにあって子宮がどういう状態なのか、
卵巣の状態はどうなのかの説明を受けました。

左側にある筋腫のせいで子宮が右寄りに曲がってしまっているが子宮自体は綺麗で問題ない。
でももしかしたら卵巣が正常に機能していない可能性がある、 との事。

卵巣については先月受診した2つのクリニックでは全く話に出てきませんでした。
生理前のタイミングだったからかな。

こちらのお医者様の見解も「日常生活に支障があるような症状がなければ放っておくしかない」でしたが、
手術、ピル、漢方の選択肢について詳しく説明してくださいました。

・手術は腹腔鏡なら傷が小さくて済むけれど筋腫の大きさでは出来ないこともあるし、
手術しても再発する可能性は十分にある。

・ホルモン療法で偽閉経状態を作るという方法もあるが、骨粗鬆症など更年期障害のような症状がでる可能性がある。

・ピルもホルモン療法もその間は小さくなるけれど、止めたら増えたり大きくなることもある。

・漢方は副作用はほぼないけれど即効性はない。長期的に使っても問題はなく、筋腫を小さくすることは出来る。

簡潔にまとめると大体こんな感じの説明でした。

実は月曜に他の病院を受診してピルを処方されているけれどピルの説明がなく、
自分で調べたら不安になってしまって飲んでいない、と話をしたら「低用量ピル?」と訊かれ
ソフィアAです、と言うと、お医者様が ん?みたいな表情をされて

「ソフィアAは40歳以上は使えないから使ったとしてもあと2~3年。
血栓症などのリスクがあるので血液検査をして貧血がないか、服用しても大丈夫かどうかを調べてから処方するのが一般的なんだけど…。とりあえず飲まないでいいですよ。」 と。

飲まなくてよかった!自分の身体の拒否反応信じてよかった!!
(手に取ると喉がキュッてしまって嫌な感じがする)

サプリについても質問したら何を飲んでるのか訊かれて、「全部大丈夫です」という回答を貰えました。
ホッ、、念のために飲まないでいたけど再開しよう。
今の時代、サプリ飲んでる女性はたくさんいるでしょうに、 T医師はその辺りの知識のインプットはしていないんでしょうね。


今回の診察で出してくれた漢方「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」

いつから飲み始めてもOKとのこと。

ピルに関しては、血液検査の結果と卵巣の状態を見て検討することになりました。
私の場合、生理周期が長い&排卵が正常に行われていないために筋腫が大きくなるスピードが抑えられてる、
というなんとも絶妙なバランスが保たれている可能性があるそうです。

今のところ出産願望も予定もない身としては、グッジョプ卵巣という気持ち。
異常だから良い状態ではないけれど。

来週血液検査結果と卵巣の状態(排卵されてるかどうか)を診て治療方針を決めることで落ち着きました。
3ヶ月毎や半年毎に経過観察が必須と説明があり、そう言ってもらって逆に安心したし、
このお医者様に閉経まで見守ってもらいたいと思いました。

なんだかなぁ、、とか不信とか不安とか不快とか色々あったけど、
最終的に、長くお世話になりたいと思えるお医者様に辿り着くことができました。

先月診察したクリニックが、気になる点はあるけどまぁいっか、と思うようなお医者様だったら
今日のクリニックを受診することは無かったでしょう。
受付の看護師さんは親切で丁寧だし、診察室の看護師さんも優しかったし採血上手。(採血中クラクラしなかった)

お医者様は優しい口調ながらハキハキされていて私の話や気持ちをきちんと拾って、
ちょっと変な質問もスルーせず回答してくださいました。

ちゃんと診察して貰えた!という満足感と筋腫は小さくなるんだ!という希望で
家まで1時間強くらいの距離を歩いて帰ってしまうくらいテンションがあがりました!

採血頑張った自分にご褒美。

「仙太郎」の七穀ぼたもちと花だんご。 春~。

コメント