【子宮筋腫】いざゆかん!手術のために大学病院へ

子宮筋腫治療ログ

Road to 手術 - いざ大学病院へ





下腹部痛が治まる気配がありません…。体調は2日間ほぼ寝てたおかげで昨日より回復しました。

よし、大学病院行こう…!!!

完全ドスッピンに鼻水隠しのマスクして結構な雨の中いざ病院へゆかん!

10:30 初診用の用紙に記入して受付へ提出

名前を呼ばれてカウンターに行くと、「ずいぶん前に受診されたことありますか?」と訊かれました。
憶えてないと答えところ、「この住所と電話番号に憶えはありますか?」とパソコンの画面を指すので、
見たら間違いない、私の個人情報。12年前以上の。でも記憶にないなぁ。
(コレ)私です、と答えると「カルテが残ってるので新しい診察券ご用意しますね。お待ちください」と言われたので、すでに15分くらい待ってるけどすぐ呼ばれるかな~と思っていたのですが、
結局さらに10分待ったし、後から初診受付した人の方が先に呼ばれてたし、データが残ってたメリットがありませんでした。えぇぇ…

11:30 書類と診察券を受け取って婦人科へ

受診科で問診票を記入。大病じゃない手術歴があるけどいつだったかを憶えてないし、
家族の持病も知らないから記入にちょっと時間が掛かりました。情報の確認をしてまとめておかなくちゃ。
5分くらいかかって記入して提出。

11:20 予診室へ

診察前に予診というのがあり、普段の生理の様子とかアレルギーのこととか、手術をした病院がどこかを訊かれました。

11:30 診察

わりと若そうな男性医師。紹介状を見ながら、「手術希望なんですね~」
クリニックからの紹介状に経緯について書かれているのか、この時点では特に質問はされませんでした。

「まぁ、診てみましょうか」とエコー。医師から何か言われたけど忘れてしまいました。結構大きいとかそんなだったかな。
何センチですか?と訊いたら「9cm」。わー、一昨日より5mm大きくなってるじゃーん。
「MRIでちゃんと診てみましょう」で、その場でナースさんがMRIの予約をするために電話をしていました。
事前に調べて知っていましたが、 MRIは別のクリニックです。

先月末から腰が痛いこと、下腹部痛が続いてることを伝えましたが、MRI診てからね~的な反応。
医師とほとんど会話してないけど大丈夫なのかな。この人がずっと担当になるんだろうか。モヤモヤします。

「血液検査してから帰ってください」と言われて、採血決定。いーやーだーよーぅ、、、
拒否できるはずもなく、渡された書類を受け取って大人しく採血室へ。

11:50 採血室で受付

ここでも受付で書類を提出。「先生がニュウヨクしてるので少しお待ちくださいね~」と待たされました。
え、シャワー浴びてるの?と思ったけど、”入力”って言ったのかも。
朝ご飯抜きで病院に来たので、採血で気持ち悪くなりそうな気がして急いでポカリを購入。気休めだけど。

12:00 採血

苦手で毎回具合が悪くなることを告げると、「横になってやりましょうね」とベッドのあるスペースに案内されました。
「ちょっとチクッとしますよー」と言われてグッと我慢したけど、ほんのちょっとチクッとした感じがあっただけ。
え、痛くない….!!!!うそ!!!めちゃくちゃ感動。全然痛くなかった注射は生まれて初めて。スゴイ、スゴイよ!!!

お手間とらせてすみません、、と謝ると「そんなこと全然気にしなくていいのよ!気にしないで!!」と
明るく言ってくれたので気が楽になりました。ナースさん優しい….。
採血後は皆と同じようなバンドではなく、カチカチの綿?を刺したところに当ててその上からキリリと包帯をしてくれました。そのまま5分くらい横になって終了。

12:20 会計

支払い機で支払い。クレジットカードもOK。

大学病院はとにかく待ち時間が長い!!!という情報が多かったので、待つだけで1時間を覚悟していましたが全然早く終わりました。
産科・婦人科だから?たまたま?他の科は待合イスいっぱいに人が座っていました。
次回は2週間後の平日です。もしかして平日の方が混むのかも。


コメント