【子宮筋腫】ついにその時…!リュープリン1回目

子宮筋腫治療ログ

Road to 手術 - (恐怖の)自己血説明も

診察終了後、今後のスケジュールを紙で貰い、看護師さんからザッと説明がありました。
今言われても絶対忘れるわ~、、、

その後、いよいよいよいよいよよよいリュープリン。は~、、ドキドキする・・・

「腕とお腹とどっちにしますかー?(ニコニコ)」
えっと….
「少ししこりになったりします。痛さは注射なのでどっちも変わらないです(ニコニコ)」
じゃあ、お腹で。。。

仰向け寝だと筋腫が沈んでくる感じと痛みがたまにあって横向きで寝ることが多いので腕は避けました。
おへそから指三本分くらい右側のちょい下にブスッ。

おぅふ…..。(痛くてちょっと声出た)

刺された瞬間と薬剤が入ってくる最初が痛かったです(涙)
ちなみに、リュープリンについて医師からの説明は「一時的に出血が増えたりすることがある」くらいで、
ホットフラッシュとか頭痛とかについての説明はありませんでした。だいじょうぶなのー??
今の患者はほとんどが自分で調べると思ってるのかな。

投薬後はまた採血(涙)
今回の看護師さんはパワー系でブッスー!て感じでほんとマジで痛かった、、、
いぃぃったぁ、、って声出た(涙)ホント注射ってライフポイント削られる(凹)

11:50 採血終了

午後に受診指定の科があったので、一度帰宅して昼ご飯を食べました。

14:00 輸血科(?)

テキトーな感じの医師から自己血についての説明を受けました。
テキトーな感じだけど私は不快感とか不信感はありませんでした。人によっては不安になるかも。

「腹腔鏡だし筋腫だしそんなに出血しないと思うんだけど、念のための想定してるみたいで400mlという依頼がきてるのでそうします」
すごいこと言うな~(苦笑)他科は別の病院みたいな感覚?

不整脈のこととか血管が細くて毎回失敗されることとか、採血はだいたい具合悪くなることを伝えたら
そういうことはあるけどまぁ大丈夫。みたいな対応でした。 面倒なことを避けたいっぽい?一応データ入力はしていました。
これは自己血当日の担当者に再度不安な気持ちを添えて伝えるしかない。低血圧ってこと伝え忘れたし。

私調べによると、なんでも低血圧だと血が出づらかったり脳貧血になりやすいらしくて。
採血で毎回気分悪くなるのは脳貧血なのではと思っていたり。

赤血球の数は問題ないそうですが、念のためで鉄剤を出して貰いました。飲み始めるのは年明けから。
自己血採血の日(年明けわりとすぐ)まで受診がないからという理由で処方してもらいましたが、
年明けから飲んだら意味ないのでは?ほんとすぐなので。12月後半から飲み始めようかな。
量は調整して飲んでいいという確認をしたので体調見ながら飲みます。自主的に鉄サプリも飲んでおこうかなぁ。

リュープリン注射の体調

昼頃にリュープリン注射をしてからの体調の変化です。

まず眠い。病院疲れかもしれないけど、頭が重い眠さ。夕方1時間くらい寝てしまいました。

起きてからは頭痛。引き続き頭が重い。頭が重いというか、身体全体が重い感じがします。
吐き気とかの気分の悪さは無し。

注射した場所は押すと痛い。スカートを脱ぐ時ズリッと下げたら痛かった、、腕にして貰わなくて正解でした。この痛み、どれくらいで消えるんだろう。

夕飯は普通どおりに食べたし、お菓子も食べたので食欲に影響はない様子。

コメント