人生初 救急車のお世話になりまして



昨夜の夕食中、耳の奥が痒い・喉の奥に違和感・呼吸が浅い、という不調を感じつつ夕食を食べ終えたら、
軽い吐き気も加わり、体調が怪しい雰囲気になりました。

お好み焼きの粉が古かったなぁ、そういえば….とググって調べていたら、
この症状ってもしや?とどんどん不安に。(気になる方は「パンケーキ症候群」で検索!)

なんかクラクラするし、もうちょっと具合が悪くなったら救急相談センターに電話してみようと、
webページ開いたままお風呂に入ったのですが、さぁ大変!

頭を洗っている途中で視界がグルングルンし始めたので、
あ、ヤベ、これ目をつぶったら倒れるわ。意識なくなる。と、
慌ててシャワーを止めて身体を拭き、座り込んだりしないよう声を出したり顔を叩いたり
保冷材を身体に当てたりして119番。
残容量がめちゃ少ないせいかすぐにスマホが立ち上がらなくて、かなりイラつきました。

119番に電話をして5分くらいで到着してくれたと思うのですが、10分以上待ったように感じました。
外に出る支度していたら救急隊員の方から電話が来たので、マンション玄関で待てると伝えて階下へ。
しゃがんで待とうとしゃがんだらフッと落ちそうになり、
慌てて立ってウロウロ歩いて気を紛らわしているところへ隊員の方が到着。
支えてもらって歩いて救急車に乗り込み、血圧やら脈やら酸素濃度?やら色々調べられつつ色々訊かれていたらだいぶ落ち着いてきました。

所見も計器の数字も異常無しで、病院へ行っても特に処置がないと思うけど行くかどうか訊かれたのですが、
行きます、と答えて搬送してもらいました。
家に戻ってまた同じ症状が出たら、また救急車呼んでしまうと思ったので。

子宮筋腫の件で通院している大学病院に行ってもらい医師の問診とチェックも受けた結果、
「迷走神経反射」の可能性が高いとのことでした。
「あなたくらいの年齢の女性には結構見られるんですよ」と言われて、ヤバそうではないと安心しました。
救急車内で言われていたように特に何もせず、診察料を支払い歩いて帰宅。

自分で自分のために救急車を呼ぶ日が来るなんて想像してなかったわ….。

独居で通ってくる人もいないし、風呂場で真っ裸で倒れてそのまま意識が戻らなかったらヤバイと思い
今回は救急車のお世話になりました。
意識消失の原因が迷走神経反射であれば、意識を失ってそのままということはないみたいなので
今度は素直に目をつぶって横になろうと思います。

万が一の時に備えて物を減らして部屋を片付けておくべきだな~と思いつつ、なかなか手を付けられないのですよね。


コメント